Philosophy(企業理念)

もともとは3DCGが大好きなフリーランスのクリエイターの集まりだったテコ。そのテコが、3DCGに取り組んできた上でのこだわりや心構えをご紹介しています。

小さな力で大きなモノを動かす梃(てこ)。少数精鋭のスペシャリストが3DCGのスキルを駆使し、クライアントやゲーム業界を支え、動かす。そんな会社でありたいと考えています。

Lever that moves big thing by small power. The specialists makes good use of the skill of 3DCG, the client and the game industry are supported and moved. It is our company.

テコの創設にあたった中心メンバーは、そもそもフリーランスの3DCGクリエーターでした。
その活動の原点は、大好きなコンピュータグラフィックを作って、より多くの人に作品を見てもらいたいという気持ちです。

より長くCGに触れていたいというその思いは、やがてテコという会社を生み出し、必然的にCG制作というサービスの提供をすることになりました。

テコは、20名あまりの小さな会社です。しかし、組織は小さくとも、それぞれのスペシャリストが力を合わせ、知恵を使うことで、大きな力を発揮できる存在でありたいと考えています。
それはまさに、小さな力で大きなモノを動かす梃子の原理と同じです。

前身のクリエイティブ・ユニットであるテルコニクスの結成から数えて17年。
おかげさまで、今ではゲーム業界をはじめとする数多くのクライアント様とお仕事をさせていただいております。

しかし、そのことに決して慢心することなく、日進月歩の3DCGや映像技術を身に付けながら、これからもゲームやアミューズメント業界に良質なサービスを提供していきたいと思います。

代表取締役 越水 聡

高校から大学まで、アメリカンフットボールで汗を流す体育会系。
一般営業職として社会人となるが、「自分の人生、本当にしたい事をして生きたい」と、
昔から好きだった映画やゲームの世界へとCGを始め、独学にてフリークリエイターへ。
その後、仲間が集まり2006年に会社化、現在に至る。

代表取締役 越水聡

オフィス風景の写真1

オフィス風景の写真2

オフィス風景の写真3

オフィス風景の写真4